過払い請求すると住宅ローンの審査が通らなくなると言われたが本当か

(山梨県/男性)

2016.04.22

解決結果

発見過払い金額 / 
150万円
借入期間 / 
15年
借入総額 / 
80万円
借入業者・件数 / 
2件
  ・プロミス
  ・クレディセゾン
解決費用 / 
調査無料

過払い金の調査

借金の経緯

過払い請求を検討している方の中には、信用情報への影響を気にされている方もいます。タイトルにもあるように、確かに不動産会社が言っている通り、過払い請求がきっかけとなって信用情報に事故情報が登録されたとなれば、住宅ローン審査に影響が出ることもあるでしょう。しかし、現在の信用情報の運用上、過払い金が発生しているのであれば信用情報に事故情報が登録されてしまうことはありません。つまり、不動産会社が言っていることは間違っています。今回ご紹介させていただく山梨県にお住まいのRさん(男性)は、まさに不動産会社から上記のようなことを言われてしまいました。過払い金が入ってくるのであれば、回収した過払い金を頭金にし、住宅ローンを組もうと思っていたそうですが、そもそも審査に通らなくなってしまうのでは過払い請求は諦めなければならない?と疑問に思い、当事務所にご連絡くださいました。

解決策

当事務所が示した回答は、貸金業者からの借入を法定金利にて引き直し計算を行ったにも関わらず残債が残っていれば信用情報に影響が残るが、過払い状態であれば事故情報が登録されることはなく、問題なく住宅ローン審査に通ることはできる、というものです。Rさんの場合、プロミスとクレディセゾンからそれぞれ15年もの取引をしており、現在においても80万円もの残債が残っていました。しかし、当事務所にて無料の過払い金調査を行ったところ、2社ともすべての残債が消え、さらには過払い金が合計で150万円もあることが判明しました。すでにご説明したように、過払い状態であれば事故情報が登録されることもありません。

相談者に今後のアドバイス

Rさんはこの結果に大変喜んでくださいました。不動産会社には、過払い請求はせず、すべての借入を完済してからでないと住宅ローン審査には通らないと言われていたため、貯金を崩して頭金にしようと考えていたそうです。しかし、今回の過払い請求で無事に頭金相当額の回収ができたため、貯金を崩さずに済んだと喜んでくださいました。当事務所も、Rさんにとって良い結果が出たようで本当によかったです。それにしても、Rさんに助言していた不動産会社のように、間違った知識を持っている業者はたくさんいらっしゃいます。法律のかかわる分野であれば、必ず弁護士といった専門家に相談するようにしてください。間違った知識に振り回されないように、専門家から正しい知識を得てください。

担当スタッフ

舞島守

司法書士
所属:ひかり法律事務所

舞島守

実は元美容師なんです(笑) 結局喜んでもらうのが好きなんですね。

※140万円を超える案件は弁護士がメインで担当させていただいております。

今回の解決策「過払い金の調査」について

無料でお金が戻ってくるか調べます!

『過払い金無料調査』とは、あなたの過払い金を調査し、その金額をお教えするサービスです。
調査のみなので、信用情報にも影響することはありませんし、費用もかかりません。
過払い金が見つからなくても一切費用をいただくことはありませんし、過払い金が見つかっても返還請求のご依頼を強要する事もありません。
簡単な債務情報(取引年数、取引業者)だけで正確な過払い金額がわかるので、少しでも気になる方はお気軽にご相談ください。

関連記事

ひかり法律事務所

私たちは借金問題に挑み続ける法律事務所です。
ひと味違う解決策。目標は、債務整理の解決率No.1。

TEL : 0120-987-740

〒108-0014
東京都港区芝5丁目26番30号
専売ビル7階

事務所ホームページ >

©HIKARI LAW OFFICE All Right Reserved.

ページの先頭へ