債務が0円となり、更に過払金約49万円を返還

(東京都 30代/男性)

2022.01.06

解決結果

戻ってきた過払い金額 / 
約87万円
借入総額 / 
2社 約70万円
借入業者・件数 / 
2社
・レイク
・プロミス
解決費用 / 
約38万円

過払い金の請求

借金の経緯

【本人からの聞き取り時の状況】
・14~5年前(自分が20代前半頃)、プロミスから借入れして、5~6年で完済した。
完済してから10年は経ってない(時効ではない)けど、8年くらい前だったと思う。
過払金がいくらあるか調査して欲しい。まだ30代なので、そこまで過払はないかもしれないけど、もしあったら助かるので電話してみた。
・実は、レイクに借金が70万円くらいあって、その支払が厳しい(払ってもなかなか残金が減らない)。プロミスの過払金でなんとか出来ればと思って電話した。
→レイクについても聴取したところ、10~12年前からの取引との事だったため、レイクも合わせて調査してみることにした。
・本人宛調査に必要な資料を送付、それから約20日後(年末を挟んだため)、同書が返送され、調査開始。

【調査で判明した事実とその結果】
・上記契約から2週間後、レイクの調査が完了。同社につき、約70万円あった債務が0円になり、更に過払金が37万円回収可能な旨、弁護士費用はその過払金から充当し、最終的に、約14万円返金出来る旨を説明。
→本人、上記結果を踏まえ、当事務所弁護士と過払金返還請求につき、正式契約。レイクへの支払を停止した。
・上記契約から約1週間後、プロミスの調査が完了。過払金が発生しており、約50万円回収可能な旨、弁護士費用はその過払金から充当し、最終的に、約35万円返金できる旨を説明。
→本人、上記結果を踏まえ、当事務所弁護士と過払金返還請求につき、追加契約。
・上記当初契約から10日後、レイクとの間で、同社が過払金約37万円を返還するとの和解成立。返金日は、上記和解日の約2ヶ月後となった。
・レイクとの和解契約から1ヶ月半後、プロミスとの間で、同社が過払金約50万円を返還するとの和解成立。返金日は、上記和解日の約20日後となった。
・上記和解金が当事務所に着金後、費用精算を行い、本人口座に約49万円振り込んだ。

今回の解決策「過払い金の請求」について

実はあなたにも払い過ぎが!

『「お金が戻ってくる?」「過払い金?」そんなウマい話あるわけない。 自分には関係ない』そう思っていませんか?払いすぎたお金が返金される過払い金の総額は、今や10兆円を超えているとも言われています。 つまりこれは借金している(いた)人が2000万人として一人50万円の過払い金がある計算になります。 特に意識していなくても『調べてみたら自分にも過払いがあった』というケースは非常に多いです。 ほんの少しでも心当たりがあれば無料で調査いたしますので、是非ご相談ください。

ひかり法律事務所

私たちは借金問題に挑み続ける法律事務所です。
ひと味違う解決策。目標は、債務整理の解決率No.1。

TEL : 0120-987-740

〒108-0014
東京都港区芝5丁目26番30号
専売ビル7階

事務所ホームページ >

©HIKARI LAW OFFICE All Right Reserved.

ページの先頭へ