借金340万円が過払い金276万円に

(茨城県/男性)

2015.06.25

解決結果

戻ってきた過払い金額 / 
276万円
借入期間 / 
11年
借入総額 / 
340万円
借入業者・件数 / 
3件:プロミス、アイフル
            新生フィナンシャル
解決費用 / 
110万円

過払い金の請求

借金の経緯

借金は自ら意図しないところで出来てしまうこともあります。たとえば、会社が倒産してしまい、生活費の不足から借入が嵩んでしまうといったケースです。会社の倒産は、厳密に言えば自身が悪いわけではないにも関わらず、借金を積み重ねるきっかけとなってしまいます。また、運悪く次の職場がなかなか見つからないとなれば、日に日に借金が降り積もっていくことになるのです。
今回のご相談者である茨城県にお住いのTさんも(男性)も、勤めていた会社が倒産してしまったことがきっかけで借り入れをし始めることになった1人です。

Tさんは退職後、すぐにアルバイトを始めましたが、それだけでは家族の生活費をすべて補えるわけもなく、少しずつ借金が増えていってしまいました。借り入れをしていた業者は、新生フィナンシャル、プロミス、アイフルです。いずれも数年前は高利での貸し付けを行っていた会社です。各業者の借入期間は、Tさんの会社が倒産した年になりますので、今から11年前となっています。Tさんは11年もの間、借入と返済を繰り返してきましたが、ついに借金が340万円にもなってしまい、どうすれば良いのかわからず、当事務所へ相談に来たとのことです。

解決策

相談時点で借金は340万円あるとのことでしたが、これだけの借入期間があれば過払いになっている可能性が高かったため、Tさんには過払い金の可能性があることと、調査が無料で出来ることを伝え、早速調査に臨んでみることになりました。

実際に調査をしてみると、3社すべてに過払い金が発生していることが判明。Tさんからは、過払い請求についても当事務所にお任せいただいたため、良い結果が残せるように全力で過払い金回収に臨みました。その結果、各社の内訳として、新生フィナンシャルが残債40万円から過払い67万円、プロミスが残債116万円から過払い141万円、アイフルが残債184万円から過払い68万円にて和解をすることになり、合計で276万円を回収することに成功しました。

相談者に今後のアドバイス

Tさんは、借金の返済が一切なくなったばかりか、多額の過払い金を手にすることになったため、今まで苦しかった生活が嘘のようだと大変満足してくださいました。

今後は毎月の支払いに悩まされることもありませんね。これからもTさんらしく、堅実に頑張っていただけたら、当事務所としても嬉しい限りです。またなにかあれば、いつでもお声かけください。

今回の解決策「過払い金の請求」について

実はあなたにも払い過ぎが!

『「お金が戻ってくる?」「過払い金?」そんなウマい話あるわけない。 自分には関係ない』そう思っていませんか?払いすぎたお金が返金される過払い金の総額は、今や10兆円を超えているとも言われています。 つまりこれは借金している(いた)人が2000万人として一人50万円の過払い金がある計算になります。 特に意識していなくても『調べてみたら自分にも過払いがあった』というケースは非常に多いです。 ほんの少しでも心当たりがあれば無料で調査いたしますので、是非ご相談ください。

ひかり法律事務所

私たちは借金問題に挑み続ける法律事務所です。
ひと味違う解決策。目標は、債務整理の解決率No.1。

TEL : 0120-987-740

〒108-0014
東京都港区芝5丁目26番30号
専売ビル7階

事務所ホームページ >

©HIKARI LAW OFFICE All Right Reserved.

ページの先頭へ