過払い金440万円を回収して解決

(埼玉県/男性)

2015.07.07

解決結果

戻ってきた過払い金額 / 
440万円
借入期間 / 
10年~18年
借入業者・件数 / 
3件:プロミス
         クレディセゾン
         セゾンファンデックス

過払い金の請求

借金の経緯

奥様に内緒で借入をしている旦那様、実は世の中には結構いらっしゃいます。しかし、いつまでも内緒にしておくのも辛いところ・・・。かといって、正直に話すのも気が引けてしまいます。そこで、多くの旦那様が、奥様には内緒のまま完済を目指そうと奮起することになります。

今回の相談者のOさんも、完済へと奮起してきた方の1人です。Oさんは、なんとか完済させたいという思いから、数年後、無事に完済することに成功しています。それでは、今回はそんなOさんからの相談を細かくご紹介させていただきます。

そもそもOさんが借入をし始めたのは、奥様には内緒のお食事会への参加がきっかけでした。ここでの飲食費がついついかさんでしまい、止む無く借入をし始めることになったのです。また、Oさんは一時期、返済がどうにも追いつかない月には、ギャンブルで取り返そうと考えることもあり、それもなかなか思うようにはいかず、借入はさらにかさんでいってしまいました。

しかし、このままでは奥様に顔向けできなくなってしまうと思うようになり、自らの食費を切り詰めるなどしてなんとか完済に成功しました。
その後、しばらくは何事もなく生活をしていたのですが、当事務所のテレビコマーシャルを見た際に、自分にも過払い金が発生しているのでは?と思い、今回の相談へと来られたそうです。

解決策

Oさんに協力してもらい、すでに完済した3社からの取引履歴を引き直し計算してみたところ、総額で500万円近い過払い金が発生していることがわかりました。各社の借入期間としては、セゾンファンデックスが10年、プロミスが18年、クレディセゾンが15年となっています。Oさんからは過払い金の回収もご依頼いただき、各社との交渉へ臨んだところ、合計で440万円の過払い金を回収することに成功しました。各社の和解金額としては、セゾンファンデックスから71万円の回収、プロミスが320万円の回収、クレディセゾンが49万円の回収となっています。

もっとも取引期間が長く、過払い金額も大きかったプロミスとの交渉には、多少時間がかかってしまいましたが、当事務所の受任から2ヵ月ですべて和解成立となっています。

相談者に今後のアドバイス

Oさんはこれほどの過払い金が返ってくるとは思っていなかったようで、大変満足されていました。とはいえ、せっかく返ってきた過払い金です。今までのように飲食やギャンブルに使うのではなく、今度は奥様やお子様のために使ってあげてはいかがでしょうか?

担当スタッフ

樋口勇人

弁護士
所属:ひかり法律事務所

樋口勇人

一生懸命依頼者のために尽くせば その想いは伝わると思います。

※140万円を超える案件は弁護士がメインで担当させていただいております。

今回の解決策「過払い金の請求」について

実はあなたにも払い過ぎが!

『「お金が戻ってくる?」「過払い金?」そんなウマい話あるわけない。 自分には関係ない』そう思っていませんか?払いすぎたお金が返金される過払い金の総額は、今や10兆円を超えているとも言われています。 つまりこれは借金している(いた)人が2000万人として一人50万円の過払い金がある計算になります。 特に意識していなくても『調べてみたら自分にも過払いがあった』というケースは非常に多いです。 ほんの少しでも心当たりがあれば無料で調査いたしますので、是非ご相談ください。

ひかり法律事務所

私たちは借金問題に挑み続ける法律事務所です。
ひと味違う解決策。目標は、債務整理の解決率No.1。

TEL : 0120-987-740

〒108-0014
東京都港区芝5丁目26番30号
専売ビル7階

事務所ホームページ >

©HIKARI LAW OFFICE All Right Reserved.

ページの先頭へ