【コラム】おまとめローンと債務整理の違いって?

2015.04.14

解決策

借金の返済に困った場合、取り得る方法は大まかに2つあるといえます。
1つ目が「おまとめローン」で、2つ目が「債務整理」になります。
どちらの方法も、借金を整理するという意味では有効な手段であるといえますが、
この2つには一体どのような違いがあるのでしょうか?
今回は、おまとめローンと債務整理の違いについてご紹介していきます。

───────────────────────────────
■ おまとめローンと債務整理の金利比較
───────────────────────────────

そもそも、おまとめローンというのは複数社ある貸金業者への返済の窓口を
1本化することによって、手数料や金利の支払いを抑えるというものです。
また、おまとめローンをする場合は、銀行から借入をすることが多く、通常の貸金業者
からの借入に比べたら低金利になるのが特徴です。

では、債務整理の場合はどうでしょう。債務整理の中でも自己破産や個人再生であれば、
借金自体を免除してしまったり、圧縮してしまったりという手続きであるため、
金利がかかるようなことはありません。また、任意整理であっても交渉次第では、
すべての利息をカットすることも可能です。
単に金利という面から2つを比較すると、圧倒的に債務整理のほうが負担は少ないといえます。

───────────────────────────────
■ おまとめローンは利用が難しい
───────────────────────────────

おまとめローンでは、複数社ある借入はすべて完済し、返済窓口を1本化することを
目的としていますが、完済した貸金業者に対しては契約解除でもしない限り、
再度の借入ができてしまいます。
つまり、おまとめローンの借入に加え、再度の借入ができてしまいますので、
さらなる多重債務へと陥ってしまう可能性が十分にあるのです。
中には自主的に契約解除をし、おまとめローンをうまく利用できる方がいるのは事実ですが、
完済への強い意思がないと、さらに厳しい返済状況へと追い込まれてしまうこともあります。

───────────────────────────────
■ 債務整理で借金問題を根本から解決を
───────────────────────────────

これに対して債務整理の場合、債務整理をした事実は個人信用情報に事故情報として
登録されることになり(いわゆるブラックリストのこと)、数年間は新たな借入ができなくなります。
一般的にこちらは、債務整理のデメリットとして紹介されることが多いといえますが、
借金に依存しない生活を送れるようになるという点からみれば、デメリットとは
言い切れない部分でもあります。

新たな借入ができないというのは、確かに不便な状況ではありますが、これを利用して
多重債務から完全に解放されたという方がいるのも事実です。
おまとめローンはあくまでも一時しのぎでしかありません。多重債務というのは、根本から
解決しないことには負の連鎖が続きかねないため、債務整理によって根本からの解決を図りましょう。

今回の解決策「任意整理」について

借金を減らして返済をラクに!

しつこい督促の電話や多額な返済に頭を悩ませていませんか?
そんなあなたの悩みを解決するのが「任意整理」です。 「任意整理」はあなたの借金を大幅に減額させたり、無理のない返済の交渉、さらに完済までの利息カットの交渉をする手続きです。 もちろん依頼したその日から督促の電話は無くなります。 しかも契約後解決まで最短三ヶ月!さらに身内や会社など、誰にも知られることなく出来るというのも任意整理のメリットです。

関連記事

ひかり法律事務所

私たちは借金問題に挑み続ける法律事務所です。
ひと味違う解決策。目標は、債務整理の解決率No.1。

TEL : 0120-987-740

〒108-0014
東京都港区芝5丁目26番30号
専売ビル7階

事務所ホームページ >

©HIKARI LAW OFFICE All Right Reserved.

ページの先頭へ